タチレク3日目、起床しました!

さて、タチレク3日目です。

その日は7時から朝食と言われていたので、早速2階の食堂に向かうことにします。

朝食はいくつかのメニューから選べましたが、アメリカンブレックファーストを選びました。

量は少なく、味はまぁこんなところかといった感じです。

本当はコーヒーが一杯欲しいところだったのですが、ホットミルクだったのが少し残念です。

食堂には中国人の集団(買春ツアー?ビジネス?)みたいなのがいて、大声でしゃべっていました。

そうそうに食事を終えて周辺の散歩へ。

朝一で少し抜きたい気分になったので、ホテル裏の置屋に向かったのですが、残念ながら置屋は空いていませんでした。

さすがに朝一番からはやっていないよね(笑)

それにしても外から見ると本当に民家。

実際、民家も並びにあるので、間違えないようにしっかりと場所を調べてから行きましょう。

間違えて民家に入ったら大恥です(笑)

初めて来るときは昼は分かりにくいかもしれないので、夜の方がいいかもしれません。

夜はピンクの光で一目瞭然です。

ちなみに、危険な雰囲気などはみじんもないのでご安心ください。

さて、その後はホテルでしばらくのんびり過ごします。

本日も延泊することにしたので、ホテルのフロントであらかじめ1泊分の料金を払っておきました。

タチレクは朝早く起きてもやることがありませんね。

昼前くらいに起きて、置屋で一発やってから昼飯ってパターンがいいかも。

しかし、さすがに昼になったのでお腹が空いてきました。

今回は少しあてもなく街中をバイタクに走ってもらい店を探すことにしました。

ホテルから出て、バイタクを止めて、食事をする動作をします。

食事をする動作をすると、分かってくれたようで走り出してくれます。

ただ、連れてってくれる店がやはり地元の屋台みたいなところばかりで、一発で腹を壊しそうです。

そのため、いろいろ回ってもらっていると、おしゃれそうなレストランが目に入りました。

なので、その日はそこで昼食を食べることにしました。

それにしても本当におしゃれな店増えたな。

恐らく今後ミャンマーもどんどん発展していくので、風俗費も早く上がっていきそうな感じがします。

行っとくなら今かもしれませんね。

さて、食後にホテルへバイタクで帰ってもらいます。

ホテルの部屋に戻る前にホテル裏の置屋に行きます。

すると、完全にもう店が開いています。

したがって、昨日レベルが高かった店に入ります。

すると、女の子達も食事時だったのか食事中の女の子達がぱらぱらと出てきます。

やはり20人くらいいます。

その中で、昨日は目に留まらなかったのですが、マナカナのカナ似の女の子がいるのに気づきました。

その子を指名してプレイ開始です。

この置屋はコンクリート造りの掘っ立て小屋みたいな感じです。

とりあえずトイレに行っとけと言われたので、用を足しておきます。

さて、プレイするのは女の子の部屋ですが、やはり昼間は灼熱です。

当然エアコンなんかはありません。

女の子から扇風機をつけてもらってプレイ開始です。

この子も恥ずかしがって下着を外す時はロンジーのような布を巻きます。

しかしもやはり上半身を脱がないパターンも同じ。

上半身を脱がせようとすると、手を出して金をくれと言ってきます。

「いくら?」と聞くと、300バーツみたいなことを言ってきます。

ふざけんなと思い、そのままプレイをスタートします。

最初ゴム付きだったのですが、この生意気娘のおまんこ・・・めっちゃ気持ちいいです。
これは生で堪能したいおまんこです。

したがって、ゴムを外す動作をすると、「ノー」と言ってきます。

お願いと手を合わせると、1,000バーツくれ!と言ってきました。

高いなと思いながら、交渉します。

できれば500バーツくらいで押さえたかったのですが、700バーツから落ちません。

なので、上半身脱ぐ・生挿入を合わせて700バーツで交渉。

交渉成立です。

700バーツを渡して、ゴムを外して、カナの美乳にむしゃぶりつきます。

その勢いでキスをしようとすると・・・ノー!!!!

仕方ないので、そのままおっぱいを思う存分なめまわしていたら、一気に息子がギンギンになってきました。

その息子をカナのキツマンに押し込みます。

ひだひだが張り付いてくるようでめっちゃ気持ちいいです。

しばらく味わっていたかったのですが、数分で我慢できずに射精してしまいました。

急いでシャワーに走っていく、カナ。

いやぁ、カナのおまんこはたまりませんでした。

これはなかなかの掘り出しもの。

サービス地雷でしたが、吸いごたえのある美乳とキツマンで十分です。

また、来ようと思い、とりあえずバイバイです。

いや、それにしてもタチレクは暑いです。

灼熱の部屋の中でセックスすると、その体力の消耗はハンパありません。

結局、その後はしばらく部屋で寝ながらゆっくりします。